ニードル脱毛って他の脱毛と何が違うの?

2
ニードル脱毛は一般的にあまり馴染みのない脱毛方法なので、なにそれ?…そんなふうに思っている方もいるでしょう。

簡単に言ってしまうと、電気針脱毛のことで、毛穴1本ずつ地道に針を差し込んで、微弱な電流もしくは高周波を流して毛根の細胞を破壊するというものです。

話だけを聞いているととても怖そうに感じますが、実際に施術を受けた方の話では、以外に思っているよりも痛くなかったなんて話もあるのですが、痛みの感じ方には個人差もあるので難しいところですが、痛みに弱い方向けではないようですね。

歴史が一番古い脱毛方法で140年以上の歴史を持つ脱毛方法で、日本での歴史は40年ほどになります。

通うサロンやクリニックでペースは違ってくるかもしれませんが、一般的にフラッシュ脱毛やレーザー脱毛と同じく、毛周期(成長期⇒退行期⇒休止期)に合わせて2ヶ月に1回ずつ通うのが一般的なようです。

成長期にあたるムダ毛は全体の約2~3割程度であることから、2ヶ月おきに休止期から成長期を迎えるムダ毛が生えてくるのを待ちながら脱毛を行う流れになります。

料金は技術力や手間がかかることから、割高ではありますが、より確実に永久脱毛を行ないたい方に人気の脱毛法と言えるでしょう。

クリニックでは麻酔を使用してニードル脱毛を行うことができますが、エステサロンでは麻酔が医療行為に当たることから使用できないため、痛みは強くなるでしょう。

料金的にはエステサロンよりも更に割高となるため、このニードル脱毛に向いているのは…
・色黒や色素沈着している部位の脱毛を行ないたい方
・料金が高くても即効性を優先する方
・痛みに強い方

向いていないの人は
・リーズナブルに脱毛を行ないたい方
・肌負担が少ない脱毛方法が良い方
・広い範囲の脱毛を行ないたい方
・痛みに弱い方

このような向き不向きがあるでしょう。どの脱毛方法にもメリットやデメリットが有りますので、部位によって使い分けるのも賢い脱毛方法と言えるでしょう。

このページの先頭へ