脱毛方法 岩手

MENU

脱毛方法ってどんな方法があるの?どれがおすすめ?

脱毛方法,岩手

脱毛方法には様々なものがあり、どの方法にもメリットやデメリットは必ずあるものです。そこでこのページでは、ひとつずつ除毛方法も含めて、脱毛方法の特徴や良い点・悪い点を詳しく紹介していきます。

このページで紹介しているのは、みんなが一番良く利用していると思われるカミソリを始め、除毛クリーム・ムース、電気シェーバーといった除毛方法の特徴からメリット・デメリットについて、続いて脱毛方法から毛抜きと電気脱毛器・ニードル脱毛・ワックス脱毛・家庭用脱毛器・医療レーザー脱毛・脱毛サロンのフラッシュ脱毛をご紹介していきます。

除毛方法《カミソリ、除毛クリーム・ムース、電気シェーバー》

【除毛方法とは?…】
肌の表面にでている部分の毛だけを取り去る方法です。表面のみのムダ毛処理となるため、スグにまた生えてくるのが特徴。

脱毛方法,岩手

《カミソリの特徴・良い点と悪い点》

カミソリはみんなが一番手軽にできる除毛方法なので、多くの方が利用している方法でしょう。自宅で簡単にお金もかからずできるのが大きな魅力です。

 

でも、あくまで表面的な除毛方法であることから、またスグに生えてきてしまうため、夏などの露出の多い季節はほぼ毎日の処理が必要になる。さらに、常にカミソリの刃を肌に当て続けていることから、肌の負担が蓄積しやすく、カミソリ負けや肌がかぶれるなどの症状が出やすいのが問題点です。

 

◆メリット

  • 自宅でできる手軽な除毛方法
  • お金があまりかからない

 

◆デメリット

  • 数日後にはしっかり生えてくる
  • 夏の露出の多い季節はほぼ毎日の処理が必要
  • カミソリ負けやかぶれ、乾燥肌等の肌トラブルの恐れ
  • キレイに処理しても毛穴の開きは残ったままでブツブツは消えない
  • 長年の処理で肌質がゴワ付いたか感じに

《カミソリを使用するときの注意点》
肌の負担をカミソリの刃から少しでも軽減するには、なめらかに剃れるようにするためにお湯やホットタオルで毛を柔らかくすることと、シェービングフォームの使用をおすすめします。そんなことから入浴中がやはりベスト。

 

処理後は化粧水や乳液などでしっかりと保湿を行うこと、さらに、カミソリは濡れたままにしないで、スグに乾燥する場所に保管することが大切です。理由は濡れたままの刃は切れ味がスグに悪くなるからです。それによって肌を傷つける原因となってしまいます。

《除毛クリーム・ムースの特徴・良い点と悪い点》

脱毛方法,岩手

使用法は簡単で、肌に直接塗りこみ、毛が溶けてきたのも見計らってから洗い流すだけです。カミソリ同様とても手軽で簡単なので利用しやすいのが特徴です。

 

その反面、肌の負担を完全に避けることはできない方法でもあります。なぜかというと、除毛クリームは毛の性質を利用して処理を行うのですが、毛を構成しているタンパク質は、アルカリ性に弱いという特性があります。除毛クリームにアルカリの薬剤を使用することで、毛と薬剤が化学反応を起こして毛を溶かすという原理です。

 

◆メリット

  • カミソリ同様手軽で簡単
  • 1回の処理にかかる費用は比較的安価

 

◆デメリット

  • 肌に優しいとうたっている製品もありますが肌トラブルゼロとは言い切れない
  • カブレや湿疹、赤み、ハレ、アレルギー
  • 皮ふの保護膜も溶かしてしまう
  • 毎回のパッチテストも必要

《除毛クリームを使用するときの注意点》
とても手軽ではあるものの、肌への負担は避けられない方法で、肌に優しいタイプもありますが、完全に肌トラブルがないわけではありません。肌の保護膜を溶かしてしまうことから、常用するのではなく、剛毛なんだけどどうしてもスグに全身ツルツルにしたい、そんな時に使用するのが良いでしょう。

《電気シェーバーの特徴・良い点と悪い点》

脱毛方法,岩手

電気シェーバーは、全てのムダ毛処理方法の中で一番ラクに行える自己処理方法です。理想は電気シェーバーにも使える、シェービングフォームや石鹸を使って処理もできる防水タイプなどを使用すると肌への負担が少なく処理を行えます。

 

ですが、残念ながら手軽ではあるものの、一番仕上がりが良くない方法なので、補助的な使用方法にとどめておく方が良いでしょう。特に、ワキなどの毛が濃い部分は黒いゴマゴマが残ってしまうこともあります。

 

◆メリット

  • 電気シェーバーを購入してしまえばお金がほとんどかからない
  • 素早くムダ毛の処理を行える

 

◆デメリット

  • カミソリほどの深剃りができないので、処理後の毛が断面となり黒ずんで見えやすい
  • キレイに処理しても肌のボツボツは残る
  • 仕上がりがいまいち

《電気シェーバーを使用するときの注意点》
お世辞にも処理後の状態がキレイとは言えません。肌負担は少ないものの深剃りはできません。脱毛サロンに行く前に自己処理が必要になるのですが、その時に使用するようにすると、肌を傷つけないため最適な使用方法と言えるでしょう。

脱毛方法の良いとこ・悪いとこ…結局どれがイイ?

【脱毛方法とは?…】
毛の根元部分の毛根から引き抜く方法です。毛根を破壊する方法から、引き抜くだけの方法まで様々です。

《毛抜きの特徴・良い点と悪い点》

脱毛方法,岩手

毛抜きは毛根部分から引き抜いてしまうため、カミソリのように肌を傷つけることなく仕上がりもスッキリとして、除毛と比べて根本から毛がなくなるので、処理回数も減るのが良い点です。

 

問題は1本ずつの処理なので、とにかく面倒です。しかも、じっとその部位を見ながら処理をすることから、他のことが全くできず、ながら自己処理ができないので、とにかく時間が無駄になってしまうのが問題点です。さらに、一番処理回数が必要になる両ワキやデリケートゾーンの処理は見えにくくて大変。さらに、引きぬく過程で毛が途中で切れやすく、埋没毛になりやすいので、見た目が悪くなる可能性もあります。

 

◆メリット

  • 毛根部分から引きぬくため除毛より日持ちする
  • 仕上がりがスッキリキレイ
  • お金がかからず手軽

 

◆デメリット

  • とても面倒
  • 脱毛部位によっては痛みがある
  • 毛が途中で切れて埋没毛になりやすい
  • 毛嚢炎になりやすい

 

《毛抜きを使用するときの注意点》
入浴中の毛抜きの使用は、引き抜いて開いた状態の毛穴に細菌が入り込みやすく、毛嚢炎の恐れがあるのでオススメできません。そのためお部屋などで、水を含ませて固く絞ったタオルを電子レンジで1分ほど温めて(やけどに注意)、処理をする部位にあてがい、毛穴が開いた状態で毛抜きを行うと、痛みが少なく抜けやすくなるためおすすめです。引きぬいた後は肌を鎮静化させるために、今度は冷たい濡れタオルを脱毛部位にあてて冷やしましょう。

《電気脱毛器の特徴・良い点と悪い点》

脱毛方法,岩手

電気脱毛器は毛抜きとほぼ同じメリットとデメリットを持っていますが、電動なのでとても楽なのが毛抜きと違いおすすめのポイントとなるでしょう。ですが、毛抜き以上に強引に引き抜く脱毛方法であることから、より毛が途中で切れることが多く、埋没毛が非常に多くなりやすいでしょう。

 

脱毛部位に石鹸塗り、お風呂場で温まった状態で毛穴が開いてから、一気に引き抜くのが楽な処理方法なのですが、毛抜きと同様、毛嚢炎になりやすい問題を抱えていますので、部屋で毛抜きと同じやり方で処理を行うと良いでしょう。

 

◆メリット

  • 毛根部分から引きぬくため除毛より日持ちする
  • 処理が楽で短時間で済む
  • 仕上がりがスッキリキレイ

 

◆デメリット

  • 脱毛部位によっては痛みがある
  • 毛が途中で切れて埋没毛になりやすい
  • 毛嚢炎になりやすい

 

《電気脱毛器を使用するときの注意点》
毛嚢炎を避けるため、お風呂場での使用は避けたほうが良い。毛抜きで紹介した方法と同じやり方が理想です。さらに、両ワキとデリケートゾーンは痛みが強すぎて使用できません。

《ニードル脱毛の特徴・良い点と悪い点》

脱毛方法,岩手

唯一、永久脱毛と認められている脱毛方法で、細い針を1本ずつ毛穴に差し込んで、弱い電気もしくは高周波を流して脱毛していく方法です。1本ずつ確実に永久脱毛しながら処理を行えるので、一番確実な脱毛方法と言えるでしょう。ですが、その手間や技術が必要であること、時間がかかることから一度にできる範囲に限界があり、しかも、料金が高いことがデメリットと言えます。このことが理由で最近では利用する方が少ない脱毛方法になりました。

 

◆メリット

  • 1本ずつ確実に永久脱毛ができる
  • 日焼けした黒い肌や色黒、色素沈着でも脱毛可能

 

◆デメリット

  • 料金が高い
  • 強い痛みがある
  • 時間がかかるので一度にできる処理範囲に限界がある
  • 炎症をおこすこともある
《ワックス脱毛の特徴・良い点と悪い点》

脱毛方法,岩手

温めたワックスがトロトロになった状態で、脱毛したい部位にワックスを塗り、冷えて固くなってきたら、毛の流れに逆らって一気に引き剥がしていきます。電気脱毛器同様、手軽にムダ毛を処理できる脱毛方法です。毛根にダメージを与えるフラッシュ脱毛やレーザー脱毛とは違うため、毛根を消滅させることはできないので、処理は定期的(2〜4週間ほど)に繰り返し行う必要があります。

 

古い角質も一気に引き剥がせてツルツルのお肌になれるというのもメリットとしてあげられることもありますが、肌の負担が大きすぎで必要な皮ふも引き剥がしているという指摘もあるようです。この方法はデリケートゾーンなどに適した方法で、欧米を中心に人気のある脱毛方法です。埋没毛や毛嚢炎などのトラブルになりやすいのが気になるところです。

 

◆メリット

  • 手軽に行えるのが魅力
  • 広い範囲をいっぺんに処理できる
  • 古い角質が取れてスベスベの肌に

 

◆デメリット

  • 刺激が強く、場所によっては痛みが強い
  • 敏感肌の方には厳しい
  • 毛が切れて埋没毛の可能性
  • 炎症や埋没毛になりやすい
《家庭用脱毛器の特徴・良い点と悪い点》

脱毛方法,岩手

家庭用脱毛器にはクリニックで行われているレーザータイプと脱毛サロンで行われているフラッシュ(光)タイプの2種類が普及しています。人気があるのは圧倒的にフラッシュ脱毛で、その理由は、一度に行える脱毛範囲が広くて楽であることや痛みが少ないといった点があげられるようです。

 

最近では性能も高くなり、クリニックや脱毛サロンにも負けないくらいの性能をもった脱毛器が販売されています。脱毛効果が出にくいと言われているうぶ毛にも効果が期待できる点にも注目です。

 

問題点としては、家庭用脱毛器の安全性を考慮して、IラインとOラインは使用禁止となっていることから、多くの女性が脱毛したい部位でもあるため残念なところです。

 

さらに、手の届かない背中の脱毛が一人でできないことや全身脱毛となると長時間光を当て続けるのが大変で面倒になってしまうといったこともあるようです。せっかく買ったのに使わなくなってしまうこともあるのが気になるところです。
◆メリット

  • 自宅で手軽に脱毛ができる
  • 痛みがほとんどない(フラッシュ(光)タイプ)
  • うぶ毛にも効果が期待できる

 

◆デメリット

  • デリケートゾーンのIラインとOラインは使用禁止とされている
  • 自分で背中の処理ができない
  • 全身脱毛となると3時間以上の時間がかかる

 

《医療レーザー脱毛の特徴・良い点と悪い点》

脱毛方法,岩手

黒い毛や茶色い毛に強く反応して熱を発生させて、毛根を破壊する医療レーザー脱毛は、使い方によっては危険がともなうことから、医療行為とされ、医療機関でのみ使用が許された脱毛マシンです。効果は高く、お医者さんや看護師さんに見てもらえる安心感など、いいことばかりのような気もしますが、全身脱毛で比較すると、月額制の脱毛サロンなら、全身脱毛6回で10万円前後なのに対し、医療レーザー脱毛は40万円前後であることから、料金が高くて中々利用しにくいこと、さらに痛みが強いので、痛みに不安のある女性も二の足を踏んでしまうようです。出力を下げて行えば痛みが少なく脱毛を行えるようですが、それなら脱毛サロンにいったほうが…そんな声もきこえてきます。
◆メリット
脱毛効果が高い
お医者さんや看護師さんがみてくれる安心感

 

◆デメリット
脱毛料金が高い
痛みが強い
色黒や日焼け肌、色素沈着などは脱毛ができないことも

 

《脱毛サロンのフラッシュ脱毛の特徴・良い点と悪い点》

脱毛方法,岩手

厚生労働省が定めている基準以下で脱毛を行うことで、医療行為にならずに脱毛を行えるのが脱毛サロンで行なっているフラッシュ(光)脱毛です。アルバイトの学生さんでも通える程のリーズナブルな価格が多くの女性に人気で、脱毛が一般的になったのも、脱毛料金が誰でも通えるくらいになったからだと言われています。

 

肌を冷やしながら行う脱毛マシンや美容成分配合のジェルやローションを使用することで、肌に優しくて、痛みの少ない脱毛を行ない、多くの女性にウケています。さらに、脱毛マシンの進化により、全身脱毛が最短45分や90分で行うサロンが増えて、より便利に体に負担の少ない脱毛が行えることも人気に拍車をかけています。

 

医療レーザー脱毛では効果が出にくいうぶ毛の脱毛を得意としているフラッシュ脱毛は、顔や背中などのうぶ毛中心の脱毛にも高い効果を発揮します。

 

デメリットは、日焼けや色黒、色素沈着などの脱毛で、黒い毛に熱を発生させて、毛根にダメージを与える脱毛原理であることから、黒い肌にも反応して、熱を発生させることから、黒い肌には脱毛施術は行えません。

 

◆メリット

  • 料金が安い
  • 痛みが少ない
  • 店舗数が多く駅チカで通いやすい
  • 脱毛施術スピードが驚くほど早い
  • うぶ毛にも脱毛効果が期待できる

 

◆デメリット

  • 日焼け直後は断られることもある
  • 色素沈着の肌や色黒は出力を下げる必要がある

11,脱毛方法ってどんな方法があるの?どれがおすすめ?【まとめ】

脱毛方法,岩手

いかがでしたでしょうか?脱毛・除毛ともに、様々な方法があることがおわかり頂けたと思います。その中でも、脱毛サロンが一歩先をいっている理由は、やはり、女性の心に響くポイントが多く、さらに、これといった致命的なデメリットがないことにあるといえるでしょう。

 

とは言え、自分好みの脱毛を決めるのはあなたです。ツルツルのお肌で目一杯オシャレを楽しめる脱毛方法を早く見つけてくださいね。

脱毛部位別に探すならこちらから

顔脱毛特集

ワキ脱毛特集


腕脱毛特集

背中脱毛特集


VIO脱毛特集

脚脱毛特集


全身脱毛特集